●暖房節約術(電気や燃料が不要)
要約
着る物
利点と欠点
具体的な話
PCネット作業もできる
健康の観点
装備
テレビやラジオを利用
ホームセ,家具,リサイクル
寒くてもトイレ安心
洗濯した時だけ暖房で一石三鳥
電気毛布や電気カーペット利用
屋内でテント
布団から出るときの寒さ対策
学問的・一般論的分析











暖房費を節約する裏技(要約)

副題: 暖房をしなくても、部屋で暖かくしていられる方法(安い、効果的、簡単)

●●●大まかな要約●●●
何しろ、私の実体験に基づいている。
部屋の暖房は何も使わない。
代わりにフードの付いたコートを着る。
部屋にいるときは布団の中とかリクライニングチェアーとかソファーとかが良い。
布団の中ならば、電気毛布とか電気あんかを使っても良い。
リクライニングチェアーとかソファーとからなら靴下とか熱いズボンとかを履く。
お茶をどんどん飲むとよい。なぜなら、体が暖まる。でも、それ以上の有益なこととして、トイレに行きたくなるので、トイレに行くために、かならず立って歩くという必要性が出る。立って歩くということは、エコノミークラス症候群の予防になるってことである。また、せっかく立ったのだから(それに、一度立つと、ちょっとした運動や家の周りの散歩も苦にならない。それどころか、運動や散歩が気持ちよくなる。人間というものはそういうものである) (注意: 水分を取り過ぎてはいけない体質とか病気の人の場合は当然お医者さんに相談する)

PS(2012-02-18):
私のこの冬の現況を書きます。たいへん暖かいです。以下に箇条書きで書きます:
エアコンもストーブも使わない。
上は肌着シャツと長袖肌着シャツとトレーナーとフード付きのダウンジャケットとフード無しのダウンジャケットの2つを着て(2重に着て)いる。
下はパンツとももしきとトレーナーで、足先から膝の部分までのみを電気毛布で温めている。その上に毛布と2枚の掛け布団という形で、布団に入っている。布団を安楽椅子みたいにしている。
部屋は10度以下なのに、ぜんぜん寒くない。ほんと、ぜんぜん寒くない。お茶などを飲むと汗が出るぐらいになる。
コメント: ダウンジャケットを2枚着るというのは、簡単に考えついたアイデアだけど、実際やってみると、ものすごい効果です。十分に暖かいっていうか、こんなに暖かいとは思わなかった。

PS:
このページは大まかに書いているだけです。詳細は左のメニューに目次みたいのが出ているので、ぜひ見てください。





スポンサーサイト
[ 2011/02/25 14:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://nihonsekai.blog.fc2.com/tb.php/2-11d55fa6




1。

2。

3.


広告